トップ > 未分類 > B29に襲い掛かった化け物【東京大空襲での祖父の体験談】


B29に襲い掛かった化け物【東京大空襲での祖父の体験談】

2019-5-6 未分類

祖父は当時、おそらく海軍の航空隊に所属しており夜間攻撃機の操縦士を勤めていた。

はっきりは聞かなかったがおそらく「月光」という夜間攻撃機らしい。

夜間に飛来するB29爆撃機を迎撃するのが祖父の主任務だった。

たしか所属は横須賀だったと思う。
昭和19年の終わりくらいから首都圏も爆撃が盛んになってきて、

あけた終戦の年の昭和20年3月10日(俗にいう東京大空襲)だった。

新規コメントの書き込み